予備自衛官補の採用試験の受付が行われています。

※平成31年第1回目の受付は終了しました。

次回の受付開始は7月1日から9月13日までです。

 

自衛隊には、本職の(?)自衛官のほか、予備自衛官というものがあります。予備役とも呼ばれます。

予備自衛官は、普段はそれぞれの職業や学業に従事しながら、有事、戦時の際には自衛官として活躍する人々です。

この予備自衛官には、退役した自衛官のほか、予備自衛官補として一定の訓練を受けた人がなることができます。

そして、この予備自衛官補には、採用試験を受け、これに合格することでなることができます。

予備自衛官補の採用試験には、一定の受験資格があります。

年齢については、基本的に34歳未満という条件がありますが(一般)、一定の資格を持っている方は、53歳未満あるいは55歳未満であれば、採用試験を受けることができます(技能)。

そして、この技能の資格には医療、語学、情報通信、整備、建設等のほか、法務があります。

法務職の対象となる資格は、弁護士と司法書士となっています。

司法書士について、司法書士有資格者であれば足り、司法書士登録までしていることは不要とのことです。

つまり、司法書士有資格者の方は、34歳以上となっていても、53歳または55歳未満であれば、予備自衛官補の採用試験を受けることが可能です。

この予備自衛官補の採用試験に合格して正式に採用され、2年間で10日間の訓練を完了すると、予備自衛官となることができます。

ただ、実際の有事、戦時の際はともかく、予備自衛官補、予備自衛官の訓練の時点では、法務についての訓練、研修などは現在のところないとのことです。

技能は予備自衛官補、予備自衛官の訓練において、その技能に対応した職務訓練が行われ、法務についても、この職務訓練が行われるようです。

ともかく、司法書士有資格者の方で、関心のある方は、予備自衛官補の採用試験を検討してみてはいかがでしょうか。

予備自衛官補の採用試験は年2回行われる予定となっていますが、1回目の試験で予定人数を充足してしまい、2回目の試験は行われないことも、まま、あるようです。

今年の1回目の試験の受験申し込みは、4月12日までとなっています。

関心のある方は、申込期限にご注意下さい。

 

試験当日の流れはこちらをご参考下さい

⇒予備自衛官補採用試験|当日の流れ

 

予備自衛官制度について、詳しくは、公式ホームページからご確認下さい。

⇒予備自衛官補制度について

⇒予備自衛官制度について