墓地、霊園や納骨堂等を経営するには、市町村の許可が必要です。

これは、既に経営している霊園を譲り受ける場合も同様です。

単に墓地や納骨堂を譲り受けるだけでは足りず、改めて許可の申請が必要となります。

許可の条件は市町村によって異なりますが、主体が宗教法人または公益財団法人であること、墓地の需要があることや人家等との距離、事業の継続性が認められることなどが必要とされています。

費用、手続報酬については、お問い合わせ下さい。