お墓が遠方であるため、なかなか墓参りができない、お墓の管理をしてきてくれた親族がいなくなってしまった。

このような場合に、お墓を近くへ移す、あるいは、合祀墓に埋葬し、代わりに供養してもらうという方法をとることができます。

この際、お骨の移動について許可が必要となります。

さらに、従来のお墓の閉眼、撤去、新たなお墓の手配などが必要となることがあります。

当事務所では、改葬許可申請の手続を行いますが、手続以外の、各手配などもご相談下さい。

 

墓じまいにかかる費用について

墓じまいの費用は、現在のお墓の状況、お骨の柱数、移す方法、今後の供養の方法により大きく変動します。

かなり大まかな説明になってしまいますが、費用の幅は、3万円~100万円程となります。

 

閉眼供養・魂抜き

移転元のお墓を元の石に戻す儀式であり、儀式を行ってくれるお坊さん方へのお布施です。

相場は3万円ほどと言われています。

 

離壇料

それまで管理、供養を続けてくれてきた寺院に対する謝礼です。

かなり幅があるのですが、5~20万円くらいが相場とされています。

 

元のお墓の撤去費用

容量と重量により大きく変わりますので、見積りが必要です。

 

納骨法要

これも合祀によるか等により大きく変わり、10~100万円とも言われています。

他方、シンプルなお墓に合祀することで3~4万円に抑えることも可能です。

当事務所ご依頼の場合も、この方法によることができます。

 

改葬許可申請

当事務所において行います。

手続報酬額は30,000円となります。

以後、同一墓所でご遺骨が1柱増えるごとに+10,000円。ご遺骨が多数に上る場合は、ご相談下さい。

ほか、手続上郵送で対応できない場合、日当、交通費が生じることがあります。

 

上記の通り、総額は事案によって大きく変動しますので、お問い合わせ下さい。